この病気と戦う為に|名医のいる病院で下肢静脈瘤を治そう|腕利きの医師なら安心
病院

名医のいる病院で下肢静脈瘤を治そう|腕利きの医師なら安心

この病気と戦う為に

聴診器

胸膜といわれる肺を包む組織に癌が広がる病気に癌性胸膜炎があります。癌性胸膜炎の主な原因は肺がんとなっていますが、他にも胃がんや乳がん等の転移によっても引き起こされることがあります。胸膜に広がった癌細胞は、播種と呼ばれる現れ方をします。この病気になった場合には胸に水が溜まってしまい、肺を圧迫することで呼吸が苦しくなったり、困難になったりします。この病気になってしまうと、癌はかなり広がってしまっている状態のことが多いです。外科手術で胸膜からの癌を全て取り除くのは不可能な場合が多いです。そのために化学療法や放射線治療による治療と、緩和目的の措置が行われます。先進的なものでは免疫細胞療法が実施されたり、免疫チェックポイント阻害薬が適応されるケースも見当たり、効果が期待されます。

癌性胸膜炎で放射線治療や化学療法、免疫細胞療法が用いられますが、この段階まで進行してしまっていると、苦痛を緩和することも重要となってきます。現実的には癌と戦いながら、日々の過ごしやすさを考えていくことも重要な課題といえます。そのために、胸水を抜くための胸腔ドレナージや胸腔癒着術など、苦痛を和らげていくタイプの治療が併用されます。もし、この癌性胸膜炎が心配される方の場合は、何時迄も続くような咳や息苦しさが続くようでしたら、早めに医療機関で診察を受けましょう。肺がんが関係しやすい病気ですので、タバコを吸う方や、受動喫煙をされていた方の場合は、気をつけておくことが重要といえます。生活習慣を見直し、定期的な検査を受けるなど、出来るだけ予防や早期発見を心がけたいものです。