7割は進行がんで発見|名医のいる病院で下肢静脈瘤を治そう|腕利きの医師なら安心
病院

名医のいる病院で下肢静脈瘤を治そう|腕利きの医師なら安心

7割は進行がんで発見

ウーマン

検診を受けていますが

卵巣がんは子宮がんのように膣から細胞を取ることができないので、確実な検診方法がありません。そのため、会社の健康診断や人間ドックでは、検査項目に入っていません。レディースドックでも子宮がんだけで卵巣がんのチェックはしていない医療機関が大変です。また、子宮がんの場合は不正出血などの自覚症状で受診することが多いのですが、卵巣がんではお腹が張る程度で特にこれといった自覚症状に乏しいことも、早期発見が難しい一因でしょう。中には、下腹がポッコリと出て来た後から考えれば明らかにおかしいのですが、その時は中年太りだと思っていたという人も少なくありません。しかし、何も対処法がないわけではありません。経膣エコーと言って、膣の中にエコーの器具を挿入して卵巣の状態を見ることはできます。この検査で怪しければさらにMRIなどを行うと良いでしょう。

卵巣腫瘍との関係

子宮内膜症が進行すると卵巣チョコレート嚢胞と言って、卵巣にも病変が及びますが、この卵巣チョコレート嚢胞があると、約1%程度の人ががん化することが判っています。また卵巣嚢腫でも同様に約1%の人ががん化することが判っています。子宮がんも卵巣がんも、1期で発見できれば5年生存率は90%を超えます。2期でも70%を超えます。しかし3期になると子宮がんは60%を切り、4期では30%を切ります。卵巣がんは40歳以上で増えてきます。女性は、内科だけではなく婦人科にもかかりつけ医を持つことが、人生をより良く過ごしていくには大切なことだと言われています。40歳を過ぎたら、子宮だけではなく卵巣も定期的に診察してもらうことが卵巣がんの早期発見にはとても重要です。