女性

名医のいる病院で下肢静脈瘤を治そう|腕利きの医師なら安心

7割は進行がんで発見

ウーマン

卵巣がんのことをサイレントキラーと呼ぶ婦人科医が時々います。それは、子宮頸がんや子宮体がんは7割以上が早期で見つかっているのに、卵巣がんは3割ほどしか早期で見つかっていないからです。定期的に検査をして、早期発見に努めましょう。

詳しく見る

検査を受けて予防する

病院

年々増加傾向にある乳がんの検査

日本では乳がん患者が年々増加傾向にあります。動向としては日本人の食生活が欧米化に近づくにつれ増加してきました。発症する年齢も若齢化し、今後は二十代や三十代の女性にも増加してくると予測されます。乳がんは自覚症状が無く、血管やリンパ管を侵襲し、リンパ節や他の臓器に転移した状態で発見されるケースが増えています。乳がんは定期的に検査を行う事で早期発見することができ、早期治療を開始できれば5年生存率も高く再発を防止し、完治を目指せるがんでもあります。その為には定期的な乳がん検査を受ける事が大切です。検査方法としては医師による視触診と、マンモグラフィーや乳腺エコー検査が主体です。短時間で終わり、身体にも負担が少ないので、受診しやすい検査です。

乳がん治療の流れと手術までの費用

乳がんの治療の流れは、定期検診やセルフチェックで病変を発見し、病院を受診するところから始まります。最初に医師による視触診を行った後、マンモグラフィーや乳腺エコー検査を行い、病変の大きさや広がり方を検査します。ここで腫瘍が確認されたら細胞を直接採取して調べる生体検査を行います。生体検査の結果は術後の病理結果と同じほど精度の高い検査なので、ここまでで悪性か良性かの判断の目安ができます。通院回数としてはここまでで3回必要で、費用は検査費を含めて30.000円ほどになります。検査結果を基に今後の治療方針や手術内容を決め、術前化学療法を行うか、先に手術をしてから化学療法を行うか決まります。乳がんは病変の大きさによっては必ず乳房を全摘出しなければならないわけではありません。

他にも気になる足の病気

女性はこうした女性特有の病気を発症するリスクが高いので、定期的に検診を受けることが重要ですが、その他にも足の病気、下肢静脈瘤を発症する可能性もあります。下肢静脈瘤は最先端医療法により完治させることも可能なので、名医のいる病院を優先的に探しましょう。名医のいる病院は全国的にも有名で、患者の体に負担を与えることなく下肢静脈瘤の治療を施してくれるでしょう。

発症するのを防ぐのが大切

メンズ

脳の血管が詰まってしまう脳梗塞は発症すると命の危険もあるので、発症してから治療するのではなく予防することが大切です。予防には十分な水分補給をすることが効果的です。

詳しく見る

この病気と戦う為に

聴診器

癌性胸膜炎は胸膜と呼ばれる、肺を包んでいる組織に癌が広がってしまう病気です。外科手術で全て取り除くのは難しいために、化学療法や放射線治療によって、治療と同時に苦痛を取り除く措置も行われます。

詳しく見る